1. トップ
  2. 訪問介護

訪問介護

訪問介護について

ホームヘルパーが訪問し、利用者様の介護度に合わせて、入浴や排せつ、食事などの身体介護や調理、洗濯など生活援助をおこないます。通院などを目的として乗降介助も対応いたします。

訪問介護皇(介護保険)
介護保険事業所番号3370113130

・障がい福祉サービス
訪問介護皇(居宅介護・重度訪問介護・同行援護)
事業所番号3310103449

訪問介護皇・地域支援事業(移動支援)
事業所番号3360103158



身体介護

食事介助 食事はできるだけ離床して行なうようにするとともに、介護用品等の利用によりご自分で食べることができるようにケアします。また利用者とのコミュニケーションを取りながら、その人のペースで食事ができるように行い、楽しい雰囲気づくりにも心がけます。
入浴介助 安全に留意し、心身に過度の負担をかけないようにするとともに、利用者のペースを尊重し、楽しみな入浴とします。体調のすぐれない日は入浴を避けたり、入浴中に体調の変化があったときは、ただちに中止し、家族や医師の指示を仰ぐなど適切に対処します。
清拭 心身に過度の負担をかけないように短時間で終了させます。必要に応じ、部分浴と組み合わせて行います。
排泄介助 できるだけトイレを利用するよう援助しますが、それでも無理な場合は、すぐにおむつを使うのではなく、ポータブルトイレや便器・尿器等の利用を考えるなど、できる限り自立した排泄手段を考えて援助します。
通院介助 医療機関への受診送迎の他、処方された薬の受け取りを行います。
体位変換 褥瘡(じょくそう)、その他障害を予防する為の体位の変換を行います。
更衣介助 服の着脱介助、外出準備、その他衣服の着脱介助を行います。
外出介助 利用者様の意思のもと、外出援助を行います。
その他身体に
必要な身体介助
身体整容・服薬管理・点眼、他
機能訓練介助 理学療法士等の指導をもとに、ご自宅やその周辺で実施可能な軽度の機能訓練を行います。

生活援助

買物 利用者の希望や要望を尊重して行います。利用者が自分で選び楽しむ機会をもてるよう外出の援助も考えます。
調理 利用者の身体状況、咀嚼力、嚥下力、消化力にあわせた調理方法、栄養バランス好み、味加減や経済性、継続性を総合的に考え、援助内容を組み立てます。利用者の食習慣を尊重しつつ、改善できる部分は利用者と話し合って行います。
掃除・整理整頓 利用者の生活空間や掃除方法は、長年の生活習慣がありますので、必ず、利用者や家族の同意を得てから行います。常に清潔を心がけ衛生面にも気をつけるとともに、作業は効率よく行います。
洗濯 衣類の素材や量に応じた、適切な洗濯を行います。

お問い合わせ

日曜・祝日、時間外でもお気軽にお電話ください。

メールでのお問い合わせはこちら